転職

短期離職が原因で転職が決まらない時の対策を徹底解説

短期離職 転職 決まらない
悩む人

短期離職してしまったせいで転職が決まらない

と悩んでいませんか?

短期離職した人としていない人では、やはり内定をもらえる確率が変わってきます。

そのため、短期離職した時の対策を知っておかないと

  • いつまでたっても転職できない。
  • 内定をもらいやすい労働環境の良くない会社に転職してしまう。

このようなことになりかねません。

こちらの記事では、短期離職が原因で転職が決まらない時の対策を紹介します。

この記事を読んでから転職活動を行えば、内定をもらえる確率がグッと高くなりますよ。

では、早速紹介していきます。

短期離職が原因で転職が決まらない理由

短期離職 転職 決まらない

そもそも、なぜ短期離職をすると、なぜ転職が決まらないのでしょうか。

理由は二つあります。

  • 経験が少ないから
  • 応募先が「すぐ辞めるのではないか」と疑っているから

経験が少ないから

実務経験が少ないと内定をもらうことは難しいです。

会社が転職してきた人に求めているのは、「即戦力として動ける人材」であることだからです。

あなたが採用する側になった場合、以下のどちらの人に入ってもらいたいと思いますか?

Aさん

経験があって、即戦力になるAさん

Bさん

経験がなく、ある程度の指導が必要なBさん

同じ給料で雇うのではあれば、Aさんの方が指導する会社の負担が少なく活躍してくれるでしょう。

よって、経験が少ないと内定をもらうことが難しいと言えます。

すぐ辞めるのではないかと疑っているから

短期離職をしていない人に比べると、短期離職をしている人の方が不利になってしまいます。

短期離職をしていると、「またすぐに辞めてしまうのではないか?」と疑われてしまい評価を落としてしまうからです。

人を雇うのは手間とコストがかかります。

手間やコストをかけた人間がすぐに辞めてしまうと、会社としては大きな損です。

短期離職をしていない、長く勤めてくれそうな人の方が内定をもらいやすくなっています。

短期離職を隠しても良いか

「短期離職が不利になるくらいなら隠してしまえ」

と履歴書に経歴を書かない人がいます。

こうした場合、なにかの拍子にバレてしまっても自己責任になります。

隠してしまうよりも、短期離職をした原因をはっきりさせて、対策をとった方が相手に誠意が伝わります。

短期離職した経歴は隠さないようにしましょう。

困った人

じゃあ、どうすればよいの?

と言うあなたのために、短期離職した際の対策を紹介していきます。

短期離職が原因で書類選考に通らない人の対策

短期離職 転職 決まらない

短期離職が原因で書類選考に通らない人は、志望動機を練りましょう。

履歴書は事実しか書くことができません。

事実ではないことを書くと経歴詐称になります。

職務経歴書も現実に起こったことだけしか書けません。

短期離職している場合は、なかなか書けることもないと思います。

こうなると、志望動機でアピールする他ありません。

あなた

御社で〇〇をしたい。ぜひとも働かせてほしい。

と情熱を持って志望動機を練りましょう。

そのためには、応募先の企業研究が大事になってきます。

応募先のことをよく知らないまま志望動機を書いても、うすっぺらい内容になるだけです。

  • なぜ、応募先でないとだめなのか。(同業他社でも良いのではないか)
  • 具体的に入社してどんなことをしたいのか。

こういった「応募先でないと成し遂げられないこと」を中心に調べましょう。

企業研究をした上で、志望動機を練ってアピールしてください。

短期離職が原因で面接の際に落とされる人の対策

短期離職 転職 決まらない

短期離職をしている場合。

  • あなたがまた短期離職しないか。
  • 仕事に対しての姿勢はどんな感じか。

を確認するために、面接で応募先は短期離職した理由を聞いてきます。

ここでごまかしたり、ウソをついたりすると顔や態度に出てしまうでしょう。

何人もの応募者を見てきた担当者にはすぐに見抜かれます。

しっかりと対策をとって、自信をもって返事を返せるようにしておきましょう。

具体的には以下のように対応します。

  • 退職理由はポジティブに伝える
  • 短期離職したことを反省する弁とともに志望動機を伝える。

退職理由はポジティブに伝える

悩んでいる人

人間関係がうまくいっていない職場だったから

困っている人

給料が少なかったから

落ちこんでいる人

自分の思っていた仕事とは違ったから

どれもネガティブな印象を受ける退職理由ですね。

不満からくる退職理由をそのまま伝えると、あまり良い印象を与えられません。

よって、退職理由はポジティブに伝えましょう。

短期離職したことを反省する弁を述べる

短期離職したことは

困っている人

会社に原因がある

落ちこんでいる人

自分は悪くない

といった態度は「また、短期離職するだろうな」という印象を与えてしまいます。

短期離職しないことを証明するためにも、短期離職したことの反省の弁を志望動機と一緒に伝えましょう。

「前の会社を短期離職したことは反省しています。御社に内定をいただければ、〇〇といった部分で貢献できます。」

このように伝えれば、「長く勤めてくれそうだな」という印象を与えられます。

短期離職を反省していることと志望動機を合わせて伝えるようにしましょう。

 

困った男性

退職理由をポジティブに言いかえられない

悩む女性

納得できる志望動機を考えられない

このように、どうしてもうまくいかない場合は、転職エージェントの活用を考えてみましょう。

転職エージェントを活用してみる

短期離職 転職 決まらない

転職エージェントは求人情報を提供してくれたり、転職のサポートをしてくれたりするサービスです。

転職エージェントを活用することで

  • 短期離職した際の対策を一緒に考えてくれる
  • 応募先へ推薦文を書いてくれ、後押ししてくれる
  • 短期離職以外に内定をもらえなかった本当の理由がわかる

このようなメリットがあります。

転職エージェントについては「こちらの記事」で詳しく紹介しています。

【知らないと損をする】転職エージェントの活用方法を解説転職エージェントの利用を迷っている人は必見!こちらの記事では、転職エージェントの活用方法を紹介しています。実は自分に自信がない人ほど転職エージェントの利用がおすすめです!こちらの記事を読んで転職エージェントの正しい利用方法を知りましょう。...

ぜひ、参考にされて下さい。

短期離職でも転職は決まる!

短期離職 転職 決まらない

こちらの記事では、短期離職が原因で転職が決まらない時の対策を紹介しました。

対策さえしっかりしていれば、短期離職であっても転職は可能です。

一人で転職活動を戦うのが難しい場合は、転職エージェントを活用しましょう。

1日でも早く転職先が決まるように応援しています。

ひろし

この記事が良かったなと思ったら、Twitterのフォローをお願いします!

ひろしのツイッターはこちら

ABOUT ME
ひろし
更新情報はツイッターで配信しています。 ・退職代行 ・転職する前にやっておくべきこと ・副業 お役に立てるように頑張っています。 ぜひ、フォローをお願いいたします。