転職に役立つお金

しばらく就職しない時にやっておきたい社会保険料の減額制度を3つ紹介

会社を辞めて、収入がない状態だと社会保険料を支払うのは大変です。

収入がないため、貯金を崩して支払うことになるでしょう。

実は、失業した時に申請すれば社会保険料の金額を減額してもらえることがあります。

こちらの記事では、どういった減額制度があるのか、どこに問い合わせたら良いのかを紹介します。

転職先が決まっていない人は、最後まで読んでいただき申請を行ってくださいね。

では、早速紹介していきます。

国民健康保険の減額申請

失業した人で、国民健康保険に切り替える人は減額申請を行いましょう。

健康保険は今まで会社が支払いを負担してくれていましたが、失業すると全額自己負担となります。

支払いの金額がぐっと増えてしまい失業中には痛い出費となります。

国民健康保険の減額申請は、各市町村の「健康保険課」または「保険年金課」まで問い合わせましょう。

減額の対応はお住いの自治体によって違います。

住民税の減額申請

失業して所得が減った人は、住民税の減額申請を行いましょう。

会社に勤めている時は、1年分(12回)を毎月支払っていました。

しかし、無職になると1年分(12回)を4ケ月(4回)で支払わなくてはいけなくなります。

金額が大きいですし、忘れた頃に支払いを求められるので困ってしまいます。

住民税は、無職になって昨年より所得が減れば、その分減額されます。

住民税の減額申請は、各市町村の市民税課」または「課税課」へ問い合わせましょう。

国民年金の減額申請

失業した人は、国民年金の減額申請を行いましょう。

国民年金の支払いが止まってしまうと、将来もらえる年金が減ってしまいます。

減額申請さえしておけば、再就職が決まった際にまとめて払うことで、もらえる年金が減ることを防げます。

支払わないよりも減額した方が将来お得なので減額申請しておきましょう。

国民年金の申請は、各市町村の国民年金の担当の窓口」または「年金事務所」へ問い合わせましょう。

退職後の生活のために減額申請をしよう

こちらの記事では、どういった減額制度があるのか、どこに問い合わせたら良いのかを紹介しました。

自分は該当するのか、退職する前にそれぞれの窓口へ聞いておくと良いでしょう。

退職後の生活をお金で苦労しないためにも必ず申請しておいてください。

支払う金額が全然変わってきます。

減額の対象となる方であれば、まだ転職先が決まっていない人がほとんどだと思います。

退職すると減額制度だけではなく、転職先が決まっていない人がもらえるお金の制度があります。

こちらもあわせてチェックしてみて下さい。

詳しくはこちらの記事で解説いたします。

転職先が決まっていない人が申請しておきたいお金の制度転職先が決まっていない人は必見!こちらの記事では、転職先が決まっていない人が申請するともらえるお金について解説しています。実は、申請するともらえるお金はたくさんあるのです。知っておかないと損するものばかりなので、ぜひチェックしてくださいね。...

あなたの就職先が1日でも早く決まるように応援しています!

ABOUT ME
ひろし
更新情報はツイッターで配信しています。 ・退職代行 ・転職する前にやっておくべきこと ・副業 お役に立てるように頑張っています。 ぜひ、フォローをお願いいたします。