退職代行

【体験者が解説】当日の朝でも退職代行で即日退職できる仕組みを解説

退職代行 当日の朝

あなたは今

疲れた人

もう会社に行きたくない

辞めたい人

退職代行で、今すぐ退職してしまいたい

悩む人

当日の朝でも対応してくれるところはあるのかな

と考えていませんか?

会社に行きたくないほどのストレスを感じていると、今すぐ退職したいと考えてしまいますよね。

当日の朝であっても24時間対応の退職代行を使えば、会社に出社せずに退職することができます。

こちらの記事では、当日の朝でも退職代行で即日退職できる仕組みと退職までの流れを紹介していきます。

この記事を最後まで読んでいただければ、当日の朝でも安全に退職代行を利用できるようになります。

大事なことなので、ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

では、早速紹介していきます。

退職代行は当日の朝でも利用可能

退職代行 当日の朝

退職代行を利用して退職できる仕組み

そもそも退職代行を利用して、どのように退職になるかと言うと

  1. 退職代行によって会社に退職の意思を伝えてもらう。
  2. 民法627条、民法628条により2週間後の退職が可能になる。

このような仕組みです。

民法627条と民法628条について説明すると

民法627条

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法 | e-Gov法令検索

民法628条

(やむを得ない事由による雇用の解除)

第六百二十八条 当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

民法 | e-Gov法令検索

つまり

  • 雇用期間の決まっていない人は、退職の意思を伝えた時点で2週間後には退職になる
  • 雇用期間が決まっている人も、やむを得ない事由があれば退職できる。

ということです。

退職の意思は退職代行が代わりに伝えても効力があります。

やむを得ない事由とは

  • 精神的被害を受けて働けなくなった。
  • 遠くに引っ越すことになった。
  • 親の介護が必要になった。

このようなことを指します。

退職までの2週間は

  • 有給休暇を使って過ごす
  • 欠勤扱いにしてもらう

このようにすれば、会社に出社せずに退職することができます。

困った人

2週間後には退職できるのは分かったけど、即日退職はできないの?

退職代行で即日退職できる仕組み

即日退職するには、会社の許可が必要です。

労働者(あなた)と会社が即日退職に合意すれば、即日退職できます。

即日退職できるかは、会社側の判断と退職代行の交渉力が決め手となります。

即日退職したい場合は、退職代行に会社との交渉を依頼しましょう。

即日退職の交渉がうまくいかなくても、2週間過ごせば退職になります。

では、当日の朝にどのような流れで退職代行を申し込めば良いのか紹介していきます。

当日の朝に退職代行を申し込んでから実行されるまでの流れ

当日の朝に退職代行を利用して退職するまでの流れは以下の通りです。

  1. 会社へ欠勤連絡をする
  2. 退職代行を申し込む前の準備をする
  3. 退職代行を申し込む
  4. 退職代行が会社と交渉を行う
  5. 退職が決定し、手続きをする

会社へ欠勤連絡をする

まずは、会社に欠勤することを連絡しましょう。

いきなり退職代行を申し込むと準備不足で後悔する可能性があります。

時間を稼ぐためにも欠勤して準備するようにしてください。

退職代行へ申し込む前の準備をする

退職代行を利用する前には準備が大事です。

やっておくべき準備のチェックリストはこちらになります。

退職代行を利用する前の準備

用意しておくもの

  1. 2~3ケ月分の生活費
  2. 転職先または退職後の方向性の決定
  3. 退職届の作成
  4. 退職代行に依頼する会社への要望
  5. 退職代行の費用

知っておきたいこと

  1. 失業保険の申請方法
  2. 健康保険の切り替え方法
  3. 年金の切り替え方法
  4. 確定申告の方法
  5. 退職時にもらう書類

確認しておくこと

  1. 有給休暇の残日数
  2. 勤続年数
  3. 雇用形態 雇用期間
  4. 退職の意思を伝える相手(2人)
  5. 退職代行希望日

やっておくこと

  1. 私物の持ち帰り
  2. ひきつぐ資料の整理
  3. 貸与物の返却
  4. 制服のクリーニング
  5. 健康保険証のコピー(返却は簡易書留)
  6. 用意しておいた要望事項を退職代行へ伝えておく
  7. 退職代行希望日の設定
  8. 退職代行へ会社へ電話してもらう時間の連絡

詳しく確認されたい場合は、こちらの記事を読んでください。

退職代行 事前準備
【退職代行の体験者が解説】やっておくべき退職代行の事前準備退職代行を利用する人は必見!この記事では退職代行を利用する前にやっておくべき事前の準備を紹介しています。実は準備もせずに退職代行を利用すると後悔することになります。この記事を読めば準備不足で退職代行の利用を後悔することがありません。...

退職代行に申し込む

準備ができたら退職代行に申し込みましょう。

おすすめの退職代行は

退職代行ガーディアン

退職代行モームリ

こちらの2社です。

「退職代行ガーディアンの特徴」

  • 東京労働経済組合という実績のある労働組合が運営している
  • 労働組合運営なので会社との交渉が可能
  • 退職後3ケ月間は会社との対応をしてくれる

→退職代行ガーディアンの体験談はこちら

「退職代行モームリの特徴」

  • 労働環境改善組合との提携で会社との交渉が可能
  • 1年間のリピート割や1ケ月後の後払い制度が好評
  • YouTube、Twitterなどの発信で業務の透明性を確保

→退職代行モームリのレビュー記事はこちら

申し込むまで相談は無料です。

疑問や不安はとことん聞いておきましょう。

ヒアリングシートの記入と代金の振り込みをすれば、申し込みは完了です。

退職代行が会社と交渉を行う。

申し込んだ後は、退職代行が会社に連絡をして交渉が始まります。

会社との交渉は簡単には終わりません。

慌てずに結果を待つようにしてください。

退職が決定し、手続きへ

交渉が終わると、退職代行から結果報告があります。

必要な手続きの指示がありますので、退職代行の指示に従ってください。

手続きが終われば、退職は完了です。

退職代行は当日の朝でも利用できる

退職代行 当日の朝

こちらの記事では、当日の朝でも退職代行で即日退職できる仕組みと流れを紹介しました。

「もう会社には行きたくない。」という気持ちは突然やってきます。

しかし、安心して退職代行を利用するためにも、なるべく十分な準備をした上で退職代行を利用されて下さい。

あなたが1日でも早く退職できるように応援しています。

ひろし

この記事が良かったなと思ったら、Twitterのフォローをお願いします!

ひろしのツイッターはこちら

ABOUT ME
ひろし
更新情報はツイッターで配信しています。 ・退職代行 ・転職する前にやっておくべきこと ・副業 お役に立てるように頑張っています。 ぜひ、フォローをお願いいたします。