退職時の悩み

自律神経失調症で退職したい時の最適な手順を紹介【今の自分ならこのようにします】

自律神経失調症 退職したい

自律神経失調症になってしまったので、退職したいと思っている。

しかし、「このまま退職しても大丈夫だろうか。」と悩んでいませんか?

自律神経失調症の症状を抱えたまま働けない状態が続くと、お金がなくなり生活に困ってしまいます。

さらに、再就職に焦りを感じて症状が悪化してしまうでしょう。

ひろし

私も自律神経失調症になり、長年勤めた会社を辞めました。

私の場合、退職する計画をしっかり立てていなかったために、退職後に苦労することになります。

この記事を読んでいるあなたには、同じ苦労を味わってほしくありません。

よって、この記事ではこのようなことを紹介していきます。

自律神経失調症になって退職したい場合の最適な手順

・退職後の生活でお金に困らない方法

・会社への退職の伝え方

この記事を読んで退職するまでの手順をふめば、退職した後に苦労することはありません。

自律神経失調症で弱っていることとは思いますが、今後のためにもぜひ最後まで読んで内容を実行してくださいね。

まずは、退職する前に休職するようにしましょう。

自律神経失調症で退職したい時の最適な手順

自律神経失調症 退職したい

自律神経失調症で退職したい時は、以下の手順ですすめていきます。

  1. 会社を休職する
  2. 傷病手当金を申請する
  3. 症状がおさまるまで休む
  4. 会社を退職する
  5. 失業保険の受給延長を申請する
  6. 転職活動を行う

手順はこの通りです。

では、具体的な方法を紹介していきます。

会社を休職する

自律神経失調症 退職したい

そもそも休職制度とは?

会社との雇用関係を維持しながら、仕事を休むことができる制度

法律で休職制度を設ける義務はないので、会社によっては休職制度がないところもある。

休職する目的は、以下の2つです。

  • 健康保険料の負担を抑えるため
  • あなたがいなくても業務がまわる状態にするため

健康保険料の負担を抑えるため

健康保険料の負担を少なくするために休職して、自律神経失調症を治療しましょう。

健康保険料は毎月、会社とあなたが半分ずつ支払っています。

退職してしまうと、次の仕事が見つかるまで健康保険料の全額をあなたが支払うことになってしまいます。

収入がない中で、健康保険料を支払い続けるのは大変難しいです。

貯金を切り崩して支払うことになってしまうでしょう。

しかし、退職せずに休職すれば、今までと同じように健康保険料は会社が半分負担してくれます。

その間に少しでも自律神経失調症を治療しましょう。

ひろし

少しでも時間稼ぎをしましょう。

あなたがいなくても仕事が回る状態にするため

休職してあなたが職場にいなくても、仕事がまわる体制を作り上げましょう。

あなたがいない状況ができれば、会社の人はあなたの分の業務を対応しなければいけません。

あなたがいない状況でも対応できる状態ができてしまえば、あなたがいなくても仕事はまわるようになります。

ひろし

ひきつぎの必要がなくなるので退職しやすくなりますね。

ひきつぐことがあるとしても、休職中の自宅から指示だけ出せばよいのです。

退職しやすいように休職して、あなたがいなくても仕事がまわる状態にしてください。

休職する目的は以上です。

休職する方法は、後ほど紹介します。

では、次に傷病手当金を申請しましょう。

傷病手当金を申請する

自律神経失調症 退職したい

休職している間は、働いていないため給料が出ないので生活に困ってしまいます。

よって、休職する時は傷病手当金を申請しましょう。

傷病手当金を申請すれば、給与の2/3の金額を最大1年6ケ月の間、受け取ることができます。

仕事を辞める前に申請をしてしまえば、退職した後も傷病手当金を受け取れるので安心です。

先ほどの休職方法と傷病手当金の申請方法は「こちらの記事」にまとめましたので参考にされて下さい。

休職する方法と傷病手当金の申請方法こちらの記事では、会社を休職する方法と傷病手当金の申請方法を紹介しています。実は、傷病手当金は1年6ケ月受け取ることができるんです。この記事を読んで傷病手当金を最大限受け取れるようにしましょう。...
ひろし

私は傷病手当金を申請しなかったため、貯金を切り崩して生活することになって大変でした…

傷病手当金をしっかり受け取れるようにしながら、仕事を休職して体調を整えましょう。

症状が治まるまで休む

休職して傷病手当金を申請したら、ゆっくりと休みましょう。

自律神経失調症の治療は、ストレスから離れてゆっくり休むことが大切です。

激しい運動や疲れる旅行などはせずに、ゆっくりと休んでください。

ひろし

私は本を読んだり、アニメを見たりして過ごしました(^^)

病院に通院しながらゆっくり休めば、症状が治まってきます。

症状が治まってきたら、退職に向けて動き出しましょう。

会社を退職する

自律神経失調症 退職したい

休職中に退職する流れは、以下の通りになります。

  1. 退職届を内容証明で送る
  2. 私物などを送ってもらう

退職届を内容証明郵便で送る

退職届を内容証明郵便で送りましょう。

内容証明郵便とは

送った内容や届いた日付などが記録として残る郵送方法です。

内容証明郵便で退職届を送れば、会社に送った履歴が残ります。

普通便で出してしまうと

上司

退職届なんて届いていないよ

となった場合に困ります。

内容証明郵便で送って、退職届を送った証拠を残しましょう。

私物などを送ってもらう

会社に私物が残っている場合は、着払いで自宅へ送ってもらいましょう。

可能であれば、休職する前に大事なものは持ち帰っておいてください。

自律神経失調症になって退職する際の伝え方

困った人

「自律神経失調症になったから」は退職理由にならないよな。

とごまかして他の理由を伝える人がいます。

しかし、退職理由をごまかした方が会社がひきとめやすくなります。

退職する人

「自律神経失調症になったので治療のため退職したいです」

と、素直に伝えた方が会社もひきとめにくいでしょう。

ごまかさずに素直に伝えるようにして下さい。

退職届に書く退職理由は「一身上の都合により」で大丈夫です。

退職の際に過度なひきとめがあった場合

自律神経失調症 退職したい

退職を申し出て

怒る上司

休職させてやったのに、裏切るのか!

怒る上司

退職は認めないからな!

などと脅迫された場合は、第3者に相談しましょう。

労働基準監督署や都道府県の相談窓口に相談する

退職に関して脅迫を受けている場合は、労働基準監督署や都道府県に設置されている労働相談の窓口に相談しましょう。

ひろし

どちらとも相談は無料です。遠慮なく相談しましょう(^^)

困った人

会社の相手をするのが怖い。一刻も早く退職したい。

と思っているのであれば、退職代行を利用する手もあります。

退職代行に依頼する

退職代行を利用すれば、あなたの退職の意思を代わりに会社へ伝えてくれます。

会社とのやりとりは退職代行が間に入ってくれるため、ひきとめられることもなく、直接やりとりする必要もなくなります。

ひろし

私はしつこくひきとめられたため、退職代行を使って退職しました。

こちらは退職の気持ちがかたまっているのに、会社が認めないから退職できないというのはおかしいです。

限られた人生の中で、大事な時間を奪い取られるほど無駄なことはありません。

一刻も早く退職するためには、退職代行を使ってでも退職した方が良いと言えます。

知りたい人

利用を検討したい。どんな感じなの?

という人は、こちらの記事で紹介していますので参考にされてください。

退職代行ガーディアン 体験談
実際に退職代行ガーディアンを使った私の体験談【知恵袋の質問にも回答します】退職代行の体験談を知りたい人は必見!この記事では、退職代行ガーディアンを実際に利用した体験談を紹介しています。この記事を読めば、退職代行ガーディアンの特徴や利用の流れが詳細にわかりますよ。...

失業保険の受給延長を申請する

無事に退職できたら、雇用保険の基本手当がもらえます。

いわゆる失業保険と呼ばれているものです。

失業保険の受給資格

・失業状態であること

・退職日以前の2年間に、雇用保険加入期間が通算12カ月以上あること

失業保険の手続きはハローワークに行って行います。

しかし、傷病手当金をもらっている間は失業保険をもらうことができません。

だからといってそのままにしておくと、失業保険をもらえる期間が短くなる可能性があります。

よって、失業保険の受給延長をしましょう。

その他にやっておくべきことは「こちらの記事」にまとめました。

すぐに再就職しない時に必要な退職後の手続き退職後はやらなければならないことが山積みです。抜けがないようにやることをまとめました。確認して抜けのようにしましょう。...

転職先がすでに決まっている人は、これらの手続きを行う必要はありません。

転職活動を行う

自律神経失調症 退職したい

いよいよ次の職場探しが始まります。

転職活動をはじめると言っても

困った人

転職がはじめてだからよくわからない

悩む人

自律神経失調症でも雇ってくれるところがあるのだろうか

相談したい人

誰かに相談しながら転職したい

こういった悩みがあるでしょう。

そういった時は、転職エージェントの力を借りてください。

転職エージェントとは

  • 希望にあった求人の紹介
  • 提出書類の添削
  • 面接の練習
  • 応募先との交渉

を無料で行ってくれます。

転職エージェントの活用方法や利用時の注意点は「こちらの記事」で解説していますので参考にされて下さい。

【知らないと損をする】転職エージェントの活用方法を解説転職エージェントの利用を迷っている人は必見!こちらの記事では、転職エージェントの活用方法を紹介しています。実は自分に自信がない人ほど転職エージェントの利用がおすすめです!こちらの記事を読んで転職エージェントの正しい利用方法を知りましょう。...

【まとめ】自律神経失調症で退職したい時は計画的に辞めましょう

自律神経失調症 退職したい

こちらの記事では

自律神経失調症になって退職したい場合の最適な手順

・退職後の生活でお金に困らない方法

・会社への退職の伝え方

を紹介しました。

まずは、会社の休職制度を確認して、制度があれば休職しましょう。

傷病手当金をもらいながら、ゆっくり休んでください。

症状が落ち着いてきたら、会社に退職届を提出しましょう。

失業保険の受給延長を申請して、転職活動を行ってください。

あなたの症状が1日でも早く良くなって、新しい職場が見つかるように応援しています。

ひろし

質問がある方は、ツイッターで受け付けております。

相談も受けますのでどうぞ(^^)

ひろしのツイッターはこちら

ABOUT ME
ひろし
更新情報はツイッターで配信しています。 ・退職代行 ・転職する前にやっておくべきこと ・副業 お役に立てるように頑張っています。 ぜひ、フォローをお願いいたします。